NEWS

1期生 2021.03.31

次世代新規就農者のモデルになり
地元に貢献したい

冨樫英司(とがしえいじ)/30歳

SEADS 1期生

| history

山形県鶴岡市出身。高校卒業後、地元企業で電気配線の仕事を経験後、SEADS第1期生として入校


農業に興味をもったのはなぜですか? また、そのきっかけを教えてください

実家が農家で、幼い頃から田植えや稲刈りなどを手伝っていました。代々兼業農家だったので、いずれは長男である自分も”兼業で”農家を継ぐのだろうと思っていました。でも、周りの高齢化や、今まで田んぼだった景色が荒れ果てていく様子を見て、この状況をなんとかしたいと思ったときに、専業の方が地域に貢献できるのではと考えました。


鶴岡市による若手育成のクラウドファンディングイベントでは、アルケッチャーノの奥田氏、
庄内ざっこの齋藤氏とのトークに登壇
SEADSを選んだ理由を教えてください

農業のノウハウを学べる事はもちろん、経営的な部分を学べる所が大きいです。昔ながらの慣行や経験に頼ったお金のかけ方や、父親やまわりの農家の方々が口をそろえて「農家は稼げない」と言っていることに、かねてから疑問を感じていました。農家になるということは一企業の社長になるといっても過言ではないと思うんです。そのタイミングで”地元”に、農業と経営を学べる場所ができたというのが大きかったです。

山形・鶴岡での生活はいかがですか?

私は趣味が多く、釣りやドライブなどを楽しんでいますが、地元・鶴岡は山、海、どちらもあり、おもしろい地域です。なおかつ自然災害がそれほど多くないところも魅力だと思います。同期の研修生ともよく遊びに行ったりもしていますが、せっかく来てもらったんだから、勉強するのも大事だけれど、遊びの中でもおもしろさを見つけて、この地域に長く居てほしいと思います。帰りはもっぱら温泉です。SEADS研修生は湯野浜温泉やスイデンテラス*1の温泉やジムを割引価格で使えるんですよ。よく活用してます。

1年間学んでみていかがでしたか?

研修では、他の農家さんを見られたことで、今まで疑問を感じずにやってきた作業が改めて新鮮に映りました。他の農家さんではまったくやり方が違っていたり、より効率的に進めていたり、色々見られたのは代えがたい経験でした。来年は地域の農家さんに研修に行く形になるので、また違った世界が見えるかとワクワクしています。また、再来年には就農する予定なので、その際に作業がスムーズに行くレベルになるよう、来年はひとつひとつの密度を上げていくことに重点を置いていきたいと思っています。

今後の展開やこれからの夢についてお聞かせください

卒業後は、実家の農地で新規就農する予定です。父親とは別の経営で、まずは自分でしっかりやってみたいです。そしていずれは安定した収入を得て「次世代の新規就農者のモデル」になりたいと思っています。稼げない農業ではなく、しっかり学ぶことでしっかり稼ぐ農業ができるというのを、自分発信で地域や若い人たちに広めていきたい。それをきっかけに人が地域に戻り農業を始めれば、耕作放棄地や休耕田が減り、高齢化から若年層へ、代替わりが進んでいくのではと考えています。また、自分の栽培作物をSHONAI ROOTS*2に乗せて販売したく、その足がかりとして、来年から特別栽培レベルをベースにした作物の勉強会をやっていきたいと思っています。特別・有機栽培は指導して頂ける機会自体が少ないので、同じ目的を持った方とつながり、お互い切磋琢磨できる勉強会です。農産物はロット数がないと売りにくいので、最終的には、鶴岡産でなおかつ特別栽培以上でという作物の、ロット数をつくるのが重要なのかなと思ってます。自分が営農するときはある程度の数字を精査して、販売側も売りやすいような環境を生産者側から作っていくというところを考えて、来年は動いていきたいと考えています。


*1 SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE(ショウナイホテル スイデンテラス)SEADSの運営母体企業・ヤマガタデザインが運営するホテル
湯野浜温泉:SEADSの近くにある、歴史ある温泉街

*2 SHONAI ROOTS(ショウナイルーツ)ヤマガタデザインと地元JAによる有機農業を中心とする新ブランド


ニュース一覧